コンテンツ概要

バスケットボールは高度なスキルと知識・戦略が要求されるスポーツです。 女子日本代表ヘッドコーチ、ジャパンエナジー(現JX-ENEOSサンフラワーズ)の指揮官として数多くの実績を残してきた内海知秀コーチが、女子日本代表で実際に使った戦術や、日本・世界のトップレベルの試合から培ってきた戦術をご紹介します。

時間を使ったセットオフェンスの動きや、ピック&ロールを使ったプレーを取り入れたいとき。ショットクロックが短い中で3Pの得点がほしいときや、アウトオブバウンズからのプレーなど、実戦に取り入れやすい内容となっているので、今の戦術にさらに新しい動きを加えたいチームも、セットオフェンスの動き方にお悩みのチームも、チームのオフェンス力の向上となるヒントが満載の、バスケットボール指導者必見の内容です!

内海知秀 プロフィール

札幌大学バスケットボール部シニアディレクター/レバンガ北海道 ヘッドコーチ
能代工業高等学校から日本体育大学へ進学し、選手として活躍。
卒業後は、ジャパンエナジーの前身である日本鉱業に所属し、日本代表としても活躍した。 現役引退後は、ジャパンエナジー(現JX-ENEOSサンフラワーズ)のヘッドコーチとして幾度となく日本一を獲得。また2003~2004、2006~2008、2012~2016年と女子日本代表のヘッドコーチを務め、2013年・2015年のFIBA女子アジアカップ2連覇、2016年のリオ五輪ではチームをベスト8に導くなど、数多くの実績を残した。

動画一覧

Man to Man Offense  4/15 配信予定

Zone Offense  5/20 配信予定

pagetop