JLCオンデマンド 【 バスケットボール 陸川章 Off The Court Clinic 】

陸川章 Off The Court Clinic

●闘将、陸川章の熱い指導論!

選手として日本代表を経験し、現在は東海大学のヘッドコーチを務める陸川氏数々の優勝に貢献するなど、結果を残されてきた陸川氏。そんな陸川氏が講師となり、2018年に3回に分けて行われたクリニックがこちらです。バスケットボールの話はもちろん、これまでの経験を踏まえ熱く指導論を伝えます。

会員登録ログイン第1回 『チームを勝利へ導くモチベーションアップ』第2回 『常勝軍団をつくるチームビルド』第3回 『徹底したファンダメンタルに基づく実践的なゲームメイクと練習計画』

第1回 『チームを勝利へ導くモチベーションアップ』

Off The Court Clinic-陸川章- 【第1巻】

巻タイトル : チームを勝利に導くモチベーションアップ①

指導 : 陸川章(東海大学 体育学部・競技スポーツ学科 主任教授/東海大学男子バスケットボール部シーガルス ヘッドコーチ)

詳細

バスケットボール指導者の方必見!!
プレイヤー(チーム)の育成には技術論だけではうまくいかない。コーチングスタイルを肌で感じ、選手別のモチベーションの高め方やチームビルドの方法を徹底追求!

現在は東海大学のヘッドコーチを務められ、数々の結果を残されてきた陸川先生。ご自身も選手として長年プレーされ、現役の頃は日本代表としても注目を浴びておりました。
そんな陸川先生がバスケットボールの話はもちろん、それだけではなく、これまでの経験を踏まえ熱く指導論を伝えてくださいます。
今回のお話の中には沢山のコーチングのヒントがあり、日々の悩みの解決の糸口になること間違いなしです!

■チームを勝利に導くモチベーションアップ①
・目標
・努力
・失敗

第2回 『常勝軍団をつくるチームビルド』

Off The Court Clinic-陸川章- 【第1巻】

巻タイトル : 常勝軍団をつくるチームビルド①

指導 : 陸川章(東海大学 体育学部・競技スポーツ学科 主任教授/東海大学男子バスケットボール部シーガルス ヘッドコーチ)

詳細

バスケットボール指導者の方必見!!
プレイヤー(チーム)の育成には技術論だけではうまくいかない。コーチングスタイルを肌で感じ、選手別のモチベーションの高め方やチームビルドの方法を徹底追求!

現在は東海大学のヘッドコーチを務められ、数々の結果を残されてきた陸川先生。ご自身も選手として長年プレーされ、現役の頃は日本代表としても注目を浴びておりました。
そんな陸川先生がバスケットボールの話はもちろん、それだけではなく、これまでの経験を踏まえ熱く指導論を伝えてくださいます。
今回のお話の中には沢山のコーチングのヒントがあり、日々の悩みの解決の糸口になること間違いなしです!

■常勝軍団をつくるチームビルド①
・原点
・NKK PROJECT”X”
・師を選ぶ(巡り合う)

第3回 『徹底したファンダメンタルに基づく実践的なゲームメイクと練習計画』

Off The Court Clinic-陸川章- 【第3巻】

巻タイトル : 東海大学・三本の矢

指導 : 陸川章(東海大学 体育学部・競技スポーツ学科 主任教授/東海大学男子バスケットボール部シーガルス ヘッドコーチ)

詳細

バスケットボール指導者の方必見!!
プレイヤー(チーム)の育成には技術論だけではうまくいかない。コーチングスタイルを肌で感じ、選手別のモチベーションの高め方やチームビルドの方法を徹底追求!

現在は東海大学のヘッドコーチを務められ、数々の結果を残されてきた陸川先生。ご自身も選手として長年プレーされ、現役の頃は日本代表としても注目を浴びておりました。
そんな陸川先生がバスケットボールの話はもちろん、それだけではなく、これまでの経験を踏まえ熱く指導論を伝えてくださいます。
今回のお話の中には沢山のコーチングのヒントがあり、日々の悩みの解決の糸口になること間違いなしです!

■東海大学・三本の矢
自身のチームがどのようなチームなのかを選手たちと共有することの重要性や、アメリカでのデイブ・ヤナイコーチの教えを基に陸川先生がどのようなコーチングスタイルを実践してきたのかについてお話しいただいています。
選手の技術面だけでなく、精神面や普段の生活など、部活という環境でコーチが担う様々な問題に対してどのようなスタンスで向き合うべきなのか、その一つの答えになる内容です。

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護方針 | 会社案内

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.