カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
一点を奪い、一点を与えないチームを作る!!
~榊原幸男の少人数でもチーム力を高められる実戦想定練習法~ 2巻
実戦的な野手の連係とキャッチャー練習
送球力を高めるキャッチャー練習 【4/4】
送球力を高めるキャッチャー練習

動画を購入する

平成10・11年の全国大会で2連覇の偉業を成し遂げた岩手県千厩町立千厩中学校女子ソフトボール部。
当時、在任わずか2年余りで日本一のチームを作り上げた伝説の指導者が、榊原幸男氏の指導シリーズ第5弾!!
今回のDVDの狙いは「数少ないチャンスを確実にモノにして、勝利をつかむチームを作る!」人数も少ない、打撃も守備も今ひとつ・・・そんなチームは多いはずです。それでもちょっとしたアイディアと気配りで力を発揮して1点を取り失点を防ぐ・・・。そういった実戦を想定した練習方法を紹介しています。
部員数が少なくてもランナーと野手が効率的に交替しながら行なう事で、攻守両面からチーム力を高めることができます。例えば、ノックをしなくてもノーアウトランナー3塁の状況で様々な打球パターンを想定します。そして、ランナーのスタート位置もギリギリでアウトかセーフになるように調整することで、ランナーと野手の判断力を同時に養う事ができます。このように限られた人数でも、常にプレッシャーのかかった状態で練習する事で、更にチームの結束を強め、実戦でも成果を発揮することになります!
今までのDVDシリーズも合わせてご覧頂くことで、榊原氏の指導ノウハウと更なる技術を深く知ることができます。
是非、お役立てください!!

《バックホーム・バックサード時の外野手練習》では指導者不在でノックなしでも、打たれた事を想定して行ないます。あらかじめ外野にボールを配置し、ランナーも途中からスタートします。この時、どの位置からランナーを走らせるかによって、練習効果を大きく変えることができます。


●送球力を高めるキャッチャー練習

 *サインの出し方

 *キャッチャー練習1

  後ろから出されたボールを、力強く素早いスタートでファーストに投げる練習

 *キャッチャー練習2

  ピッチャーからのボールをファースト、サード、セカンドに投げる(立った姿勢/座った姿勢)

 *ピックオフプレー

  投球と同時にファーストとサードがダッシュし、1塁ランナーの戻りが緩くなったところを狙う

■指導者:榊原 幸男(元岩手県千厩町立千厩中学校女子ソフトボール部コーチ)
■実技:群馬県高崎市立榛名中学校女子ソフトボール部
■発売日:2009年4月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.