カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
自然体バレー塾・基礎工事から実戦へ~実戦に活き、故障しない身体の動きを身につけるプログラム~ 5巻
中学生でも打てるようになる超クロススパイク
ライトからの段階的ドリル 【8/8】
ライトからの段階的ドリル

動画を購入する

自然体バレー塾から、待望の最新作が登場!
今作ではこれまでのシリーズで紹介したものを進化させ、より実戦につながる練習法を行っています。自然体シリーズでは初めての『ゲーム形式の練習』を収録しています。講習会でもあまり見ることのない、実戦に近い練習です。

バレーボールの現場でよく見かけるシーン…「あっ!」とお見合いをしてしまったり、無理なフォームでサーブを打っていたり。これにはきちんと原因があり、もちろん防ぐことができます。ここでは身体のメカニズムからひも解き、基礎からの動きづくりを解説しています。
また、中学生では難しいといわれている「クロススパイク」の習得などを、自然体バレーならではの切り口で紹介しています。難しいことを簡単に、きついことを楽しく。選手が自ら伸びていく指導を、ぜひ体感してみてください!

世界に通用するスパイク技術の一つに「超クロススパイク」と「精密なストレートスパイク」が挙げられます。「超クロススパイク」とは、体の向きとは逆方向となる、相手コートのアタックエリア内に打ち込む技術です。また、「精密なストレートスパイク」とは、針の穴を通すようなスパイクのことを意味します。しかし、一般的な「クロススパイク」はコートの真ん中寄りに打たれるケースが多く、「ストレートスパイク」ではここぞという時に力んでアウトになる事や、相手ブロックを意識して打てないケースが頻繁に起こります。
まずは基礎編として、動きのコツをつかんでいきましょう。

■ライトからの段階的ドリル
  1.両手投げ
  2.軽くジャンプしながら両手投げ
  3.その場で打つ
  4.軽くジャンプしながら打つ
  5.助走ジャンプして打つ
  6.オープントスを打つ

■指導者:草野 健次(自然体バレー塾 塾頭・日本バレーボール協会公認講師・前松下電池工業女子バレーボール部監督)
■実技:滋賀県大津市立志賀中学校女子バレーボール部、紀和ティンカーベルズ
■発売日:2011年11月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.