カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
朝飛道場 指導用柔道着で選手を育てる!! ~『基本君』を用いた新立技指導~ 2巻
『基本君』の連絡技と投技
道着について 【1/3】
道着について

動画を購入する

大好評・朝飛道場シリーズ第3弾は、朝飛大館長が考案した指導用道着『基本君』を使った立技指導のご紹介です。
柔道初心者に対し指導を行う場合に「手を思いっきり引きなさい!」「その手首は回すんだよ!」「足を思いっきり刈りなさい!」などの抽象的な表現で指導している指導者は多くいることと思います。
柔道経験者の指導者は、自分の経験からとても抽象的な言葉で選手に指導を行ってしまいます。これでは柔道経験の少ない選手には指導者の意図や伝えたいことがうまく伝わらず、選手の上達が遅れてしまいます。
今回ご紹介する指導方法では、指導者の言いたいことを選手により的確に伝えるために開発された『基本君』を使うことで、道着の番号や色を選手に指示するだけで選手が自動的に組み手や投技をスムーズに行える様が見てとれます。
この動画をご覧いただくことで指導者はより具体的な指導を行うことが出来、選手自身も無理なく動きを身につけることができることでしょう。選手育成の手助けとして、是非ご覧ください。
組手を取ることが出来たら、今度は技に入ります。例えば大外刈の場合には、「釣手は黄色の(1)を上げて押し込む、引手は(6)を持って赤いラインを見えるまで手首を返す、足を振り上げて投げる」これで大外刈の形が自動的に完成します。指導者は簡潔に説明ができ、選手は具体的な指示を実行するだけで投技を体現します。

■道着について

■指導者:朝飛 大(朝飛道場館長)
■実技:朝飛道場
■発売日:2011年11月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.