カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
中学バドミントン“800日”の指導コンセプト~中萩中“ビギナー・シングルス・ダブルス”の段階的育成術~ 3巻
シングルスプレイヤーの育成~基礎技術習得&パターン実戦練習~
ラケットノック 【4/7】
ラケットノック

動画を購入する

中学校で部活としてバドミントンができるのは、約“800日”しかありません。
この期間で教えられること、できることには限界があります。しかし、選手たちにとっては欠かせない「成長期」でもあります。きちんと計画をして練習を行っていかなければ、あっという間に時間は経ってしまいます。そして、中学生というのは入学の段階で大きなレベルの差を持っています。中学で初めてラケットを握る選手がいれば、ジュニアで全国大会を経験している選手もいます。そんな彼らを、中学校の指導者はレベルや目標に合わせて育成していく必要があるのです。
この動画では、あらゆる選手がレベルの高い指導を受けられるよう「ビギナー・シングルス・ダブルス」という3つのテーマに分けて指導・練習法を紹介しています。
指導・解説は愛媛県の中萩中学校の西原隆監督。中萩中は公立校ながら、綿密な計画と工夫を凝らした練習で毎年のように全国大会へ出場する四国の強豪です。正しい身体の使い方をきちんと身につけ、そのうえで行う効率的なパターン練習は、どんなレベルの指導にも必ず役立つはずです。 指導初心者の方はもちろん、ベテランの先生方まで。中学バドミントン指導のバイブルとなるこの1本を、ぜひご覧ください!

まず、1分間練習でシングルスに必要な各ショットの習得を狙います。続いてノックやパターン練習でより実戦的な形を再現し、シングルスのゲームで使えるようなスキルを身につけます。

■ラケットノック
 ◎2点
 ◎3点
 ◎4点
 ◎フリー

■指導者:西原隆(新居浜市立中萩中学校バドミントン部 監督)
■実技:新居浜市立中萩中学校バドミントン部
■発売日:2013年10月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護方針 | 会社案内

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.