カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
名将たちの『 野球戦略 』~試合解説からみる、戦略指導のための“5つの切り口”~ 3巻
“走塁”の視点と“バックアップ”の徹底
走塁は“タイムマネジメント”。ストップウォッチを駆使した試合解説 【1/3】
走塁は“タイムマネジメント”。ストップウォッチを駆使した試合解説

動画を購入する

ジャパンライムの野球指導動画シリーズから、新しい切り口の作品が登場です!!
同じ2つの試合を、5人の名将たちがそれぞれの視点に立って解説するという、前代未聞の企画です。
バントを多用する監督がいれば、走塁にこだわり抜く監督もいます。試合の運び方も人それぞれ、指導者の数だけ切り口が違うといっても過言ではありません。
今作では名門私学から、特徴的な野球を駆使する公立校の監督まで、個性的なメンバーに解説をお願いしました。
それぞれがこだわっている部分を重点的に、考え方から対処法までを存分に語ってもらいました。
指導者はもちろん、野球を知るという意味では選手と一緒に見てもらいたい作品となっています。
「同じ試合でも、切り口によってこうも違うのか」
ぜひ、そんな部分を感じてみてください。

前任校では数々の“ジャイアントキリング”を演じてきた福村先生。公立校が私学の強豪校に勝つためには「走塁」と「バックアップ」が欠かせないといいます。
特にこだわりの走塁に関して、相手バッテリーの分析法やストップウォッチの使い方などを詳しく解説しています。

■指導者:福村順一(東播磨高校)
■実技:岡山県立興陽高校、岡山県立岡山城東高校、岡山学芸館高校
■発売日:2014年9月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.