カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
野球守備の『 リスクマネジメント 』
~ 記録に出ないミスを減らし失点を最小限にする方法 ~ 1巻
捕球・送球・中継の動き」と「投内連係」
カットプレーのステップ 【4/5】
カットプレーのステップ

動画を購入する

よく聞く“守備が鍛えられている”というのは、決して捕ったり投げたりが上手だということではありません。守備というのは9人で行うものであり、この「連係」がうまくできるチームに与えられる褒め言葉です。捕球ミスや送球ミスはプロでも犯します。
しかし投手と内野の連係、内野と外野の連係を鍛えれば、ミスで広がった傷口を最小限に留めることができます。つまり無駄に与えてしまった得点を防ぐことができ、それによって接戦に持ち込むことができるのです。今作では、以上のようなことをコンセプトに、守備のリスク回避について解説していきます。捕球と送球に関する基本的な考え方を紹介したのち、「カバーリング」や「トレーラー」といった役割について実戦を通して解説します。これらは指導者として“指導が徹底されている”と見られるポイントでもあります。ベテラン監督でも見落としがちな“守備の裏”を見る目、選手のスキを見逃さない指導力を、ぜひ養っていきましょう。

まず捕り方、投げ方、カットマンの動きに関して紹介します。一般的に常識とされている動きとは一味違う視点に注目です。この技術をベースに、後半の投内連係(バント処理など)や2巻目の内外野の連係を行っていきます。

■カットプレーのステップ
「半身でカット」よりも早く正確に送球する方法とは?距離によって使い分ける「右足の使い方」を習得する!
◎短い距離の送球
◎長い距離の送球

■指導者:木谷 忠弘(兵庫県立西脇工業高等学校)
清須 昌
■実技:兵庫県立西脇工業高等学校
■発売日:2015年7月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護方針 | 会社案内

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.