カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
楠本繁生の“状況判断を伴う”ハンドボール~数的有利下で確率の高い攻撃を選択する~ 3巻
セットオフェンス時の状況判断
左の3対3 【8/9】
左の3対3

動画を購入する

今作のテーマは、楠本氏が徹底的にこだわってきた「状況判断」。

2対2をベースにした2対1のつくり方から、「得点する確率の高い攻撃」を選択できるようになるためのトレーニングを紹介していただきました。
ひと言で「状況判断」と言っても何を指すのか曖昧になってしまいますが、実践していくと陥りやすいミス=指導ポイントが見えてきます。
それこそが楠本ハンドボールの“核”であり、こだわり続けている部分です。

勝ち続ける指導者はどこを見ているのか、「状況判断」の具体的な指導方法が示された今作を是非ご覧になってください!

サイド、45度、センター、ポストを組み合わせて2対2をトレーニングしていきます。動きの中からズレを生み出し、2対1をつくるための適切な判断ができているかチェックしながら実践、指導を繰り返していきます。指導はうまくいかない場合の対処まで発展。無理のあるパスが原因となる逆速攻を避けるため、立て直しを図りマイボールを維持し続けるところまで指導をしていきます。

■左の3対3

■指導者:楠本 繁生(大阪体育大学女子ハンドボール部 監督)
■実技:大阪体育大学女子ハンドボール部
■発売日:2017年4月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.