カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
筋緊張異常の評価とアプローチ~ 脳血管障害片麻痺患者の筋緊張検査を中心に ~ 1巻
「筋緊張異常と筋緊張検査の方法」
静止時筋緊張検査:筋緊張検査とストレッチの方法 【6/8】
静止時筋緊張検査:筋緊張検査とストレッチの方法

動画を購入する

★実感、筋緊張検査の神髄!
★難しい筋緊張検査を詳細に解説、これが本当の筋緊張検査!!

筋緊張異常を認める疾患は数多くあり、代表的なものとしては脳血管障害片麻痺やパーキンソン病のような神経疾患です。しかし、運動器疾患の患者さんにも筋緊張異常が認められます。筋肉の障害は通常、筋力検査であるMMTを使った検査を用いますが、MMTだけでは筋の機能異常を表現できない場合もあります。
この商品では、筋緊張異常について考え、そして筋緊張検査の方法と各筋に対するアプローチの方法について、研究データを交えながら詳しく解説しています。
今回は、脳血管障害片麻痺患者の筋緊張異常の検査とそのアプローチを主として取り上げていますが、他の疾患にも応用できますので、ここで紹介する内容を是非参考にしてください。

筋緊張異常に対する考え方と筋緊張検査の目的、そして弛緩や痙縮などの一次的障害、筋短縮や皮膚短縮などの二次的障害に対する各種検査方法を紹介している。

■筋緊張検査
◎一次的障害と二次的障害が混在している検査
・静止時筋緊張検査
筋緊張検査とストレッチの方法

■指導者:鈴木 俊明 教授/博士(医学)(関西医療大学 大学院 保健医療学研究科 研究副部長、保健医療学部 理学療法学科 学科長)
■実技:辻 智美、渡邊 裕文、大沼 俊博、藤本 将志(六地蔵総合病院 リハビリテーション科)
■発売日:2014年6月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.