カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
マニュアルセラピー<腰椎>~クリニカルリーズニングを用いた理学療法~ 1巻
主観的検査・客観的検査 【1/2】
主観的検査・客観的検査

動画を購入する

患者の問題を解決するため、効率的かつ効果的な理学療法を実施するには、優れた検査・治療技術に加え、クリニカルリーズニング(臨床における諸現象を理解するために、得られた情報を理論的に分析・解釈し、未知の事柄を判断し決定していく過程)のスキルが不可欠となっています。そこでこのDVDでは「腰椎」に焦点をあて、クリニカルリーズニングにもとづいた治療プロセスを、問診から各種検査、治療まで詳しく紹介しています。
●クリニカルリーズニングとは
●マニュアルセラピーの流れ
● 模擬患者に対する主観的検査の実際
・イリタビリティ
・主観的検査の項目
・主観的検査の実際 
ボディチャート 
症状の24時間の動向、症状の増悪因子,軽減因子
●客観的検査
「客観的検査とは」
「症例を想定した客観的検査の実際」
【立 位】自動運動(屈曲→伸展→側屈→組み合わせ運動)
【座 位】回旋
【立 位】神経学的検査:S1神経根
【背臥位】ニューロダイナミックテスト(PNF、SLR)神経学的検査(反射、筋力、感覚)鑑別診断(仙腸関節のスクリーニング)
【腹臥位】ニューロダイナミックテスト(PKB)、触診、他動椎間副運動(Central PA, Unilateral PA,Transverse Pressure)、再評価
【側臥位】他動椎間生理学的運動(屈曲-伸展、側屈、回旋)、再評価 鑑別診断(仙腸関節のスクリーニング)
【腹臥位】ニューロダイナミックテスト(PKB)、触診、他動椎間副運動(Central PA, Unilateral PA,Transverse Pressure)、再評価
【側臥位】他動椎間生理学的運動(屈曲-伸展、側屈、回旋)、再評価

■指導者:斉藤昭彦(杏林大学教授、障害科学博士、理学療法士)
■発売日:2007年3月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.