カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
肩関節周囲炎に対するセラピー 1巻
質量中心点をイメージした上肢の操作 【4/5】
質量中心点をイメージした上肢の操作

動画を購入する

肩関節周囲炎の病態は多様で、多くの場合は様々な因子が相互に関連しています。そこで表出している現象は一部に過ぎず、その対応においては、思い込みや決めつけで判断することなく、クライアントから正しい情報を引き出し、“気付く”ことが重要です。
今回のセミナーでは、「肩関節周囲炎に対するセラピー」をテーマに、病態把握のポイントや、触診・上肢操作の基本などを分かりやすく講義しています。その中でも、クライアントへの触れ方、持つ位置、動かし方など、セラピスト自身の意識を重視したアプローチ方法を重点的に解説。さらに、受講者をモデルにしたデモンストレーションで、様々なパターンの肩の診かた、対応の仕方を学びます。
※講演の内容は、あくまで山口氏の見解を示すものであることを予めご了解ください。
※この映像は、2016年8月に行われた山口光國先生のセミナーを収録したものです

質量中心点をイメージした上肢の操作
■持ち方による動きの変化
■肩甲骨の質量中心点
■質量中心点をイメージして動かす
■質疑応答
◎脳血管障害で関節の緩みがある場合の動かし方
◎肩峰下滑液包炎への対応
◎炎症性滑膜について
◎筋の緊張の要因/深部の筋に対するアプローチ/関節裂隙の狭小化はなぜ起きるのか

■指導者:山口 光國(セラ・ラボ代表/理学療法士/健康心理学修士)
■発売日:2016年10月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.