塩川満章D.C.のThompson Terminal Point Table Technique

塩川満章D.C.のThompson Terminal Point Table Technique

トムソンテクニックは、ニュートンの慣性の法則を利用し、患者の体重とドロップメカニズムによって最小限の力で、最も安全に脊椎や骨盤、四肢、顎関節などを矯正するテクニックです。テーブルが落下して下に到達したときに第二の力が働き椎骨が矯正されるというものです。
このシリーズでは、日本におけるカイロプラクターの草分けの一人である塩川満章D.C.が、テーブルの使い方から、検査の方法、そしてDr.クレイ・トムソンから直接学んだオリジナルのテクニックを数多く紹介。これらのテクニックは臨床において素晴らしい結果を得たものばかりで、プロの臨床家としての必修アイテムです。
■実技・解説:塩川 満章D.C.

オンデマンドでのご購入はこちら

医療