発達障害のある児童生徒の理解と支え

発達障害のある児童生徒の理解と支え

発達障害が疑われる児童生徒は、通常学級にも6.3%いると推定されています。
発達障害があることは、家庭、学校、仲間関係など、その子の育ちに大きく影響してしますし、そのなかで心身の不調を訴えたり、不登校になったりする子も少なくありません。
そのようななか発達支援における養護教諭の役割もこれまでになく大きくなっています。
この講演では、発達障害のある子の育ちについて考え、支援においてもとめられる基本的な姿勢について学びます。

発達障害の診断

オンデマンドでのご購入はこちら

発達支援コース