ICEモデルとジグソー法でアクティブ化~普通高校コミュニケーション英語の授業~

ICEモデルとジグソー法でアクティブ化~普通高校コミュニケーション英語の授業~

この動画は、2016年10月に名古屋で行われた「英語教育達人セミナー」での発表を収録したものです。溝畑保之先生(大阪府立鳳高等学校)が、ICEモデルとジグソー法を用いた普通高校でのコミュニケーション英語の授業実践例を取り上げており、アクティブ・ラーニング型の学習活動となっています。

いずれの実践例でもアクティブ・ラーニングが取り入れられており、このことで生徒の学びの幅が広がり、21世紀の知識基盤型社会に対応する能力が育まれていくことになります。

オンデマンドでのご購入はこちら

英語