上部体幹の評価と治療~ 頸部を屈曲すると頸部背側から上肢に症状が出現する患者の評価 ・ 治療の実際 ~

上部体幹の評価と治療~ 頸部を屈曲すると頸部背側から上肢に症状が出現する患者の評価 ・ 治療の実際 ~

上部体幹の障害は、その程度によっては生命を脅かすほどの重大な問題となります。そのため、上部体幹では様々な検査から慎重に評価を行い、問題のある部位を詳細に鑑別し、適切な治療を選択しなくてはなりません。

今回は頸部を屈曲すると頸部背側から上肢に症状が出現するケースを想定し、実技を中心に、評価・治療手技のポイント、注意点などを解説。評価と治療を結びつけ、全体の流れがよく分かるように構成されています。評価・治療には様々な方法がありますが、ここでは臨床でよく使われる手技を紹介しております。正しい評価・治療の方法を学び、臨床で活かしていただければと思います。

■実技・解説
山内 正雄 PT.
済生会西条病院 リハビリテーション科 室長
公益社団法人 愛媛県理学療法士会 副会長・学術局長
世界徒手理学療法士連盟(IFOMPT)日本代表

オンデマンドでのご購入はこちら

医療