頸椎の機能解剖と臨床応用~ 頸椎の病態運動から展開する評価とアプローチ ~

頸椎の機能解剖と臨床応用~ 頸椎の病態運動から展開する評価とアプローチ ~

★頸部と姿勢・動作の関係とは!
★運動連鎖を考慮した全身的なアプローチと、荷重伝達を再構築させる局所的アプローチ!
★リスク管理のために必要な解剖学的知識!

頸椎は、胸郭・脊柱との関係も深く、姿勢やアライメント、運動連鎖からみる病態の解釈は非常に重要です。ここでは、頸椎の機能解剖とリスク管理、頸椎疾患の特徴的な姿勢・動作、運動連鎖を考慮した上行性および下行性のアプローチ、関節面の適合を改善させる局所的アプローチなどについて解説します。

頸部は、機能解剖が複雑で分かりづらく、周囲には重要な神経・血管が走行しているため、アプローチに苦手意識を持つセラピストの方も少なくありません。是非、この映像で頸椎に対する理学療法の知識を深め、日々の臨床にご活用ください。

■実技・解説
上田 泰久(文京学院大学 保健医療技術学部 理学療法学科 助教)
■実技協力
布施 陽子(文京学院大学 保健医療技術学部 理学療法学科 助手)

オンデマンドでのご購入はこちら

医療