学校における性教育の考え方、進め方~どこまで扱うか、学内外の理解を得るには~

学校における性教育の考え方、進め方~どこまで扱うか、学内外の理解を得るには~

前回ご好評をいただきました大阪での養護教諭セミナーでのアンケート結果をふまえ、今回は講師の先生方に、より明日から使える内容をお話いただけるようお願いしました。
文部科学省は、学校における性教育について、学校全体で共通理解を図りつつ、児童生徒の発達の段階を踏まえ、家庭・地域との連携を推進し、保護者や地域の理解を得ることとしています。性教育をどこまでどう扱うのかを児童生徒の実態を踏まえて考えていきたいと思います。

オンデマンドでのご購入はこちら

発達支援コース