シンクロ矯正法 Part-2~手足の関節の矯正による上位相対関節の可動性の回復~

シンクロ矯正法 Part-2~手足の関節の矯正による上位相対関節の可動性の回復~

患者さんが望んでいることは、痛くなく、辛くなく、そして素早く治ること。
そこで考案されたのがこの「シンクロ矯正法」で、手足の骨格の可動性の綿密な検査と丁寧な調節が症状の改善や解消につながるというものです。
これは、小柳公譽D.C.の長年に亘る臨床経験の中から生まれてきた、非常にシンプルで、使い易く、痛みのない効果的なテクニックなのです。前作で紹介した、骨盤、腰椎、頚椎の矯正に続き、今回は、胸椎、頭蓋骨、そして内臓の矯正法を紹介しています。
この矯正法の理論と基本となる四肢のテクニックは、前作「小柳公譽D.C.のシンクロ矯正法」で詳しく紹介していますので参考にしてください。
皆様方が今まで培ってきた技術に、この「シンクロ矯正法」を付け加えることで、治療がシンプルになり、効果も実感できることと思います。
■実技・解説:小柳 公譽(コヤナギ マサタカ)D.C.

オンデマンドでのご購入はこちら

医療