榊原D.C.のスポーツ・カイロプラクティック 上肢編~スポーツ障害に対する保存療法的アプローチ~

榊原D.C.のスポーツ・カイロプラクティック 上肢編~スポーツ障害に対する保存療法的アプローチ~

今回は上肢の問題を中心に「肩関節」「肘関節」「手首の関節」と、上肢を大きく3つに分けて解説していきます。
痛みの原因は人によって異なりますが、この動画では特に軟部組織の問題に焦点を当てています。
軟部組織とは“筋肉”“腱”“靭帯”更にその靭帯に覆われた“関節包”の構造から成りますが、これらの構造で起こる組織の癒着等の問題を改善することによって、運動に伴う痛みを和らげ、可動域制限を広めることが、今回のテーマになります。
カイロプラクティックの枠に留まらず、柔道整復師や鍼灸師、理学療法士の方にも十分お役立ていただける内容になっております。
■指導・解説:榊原 直樹, DC, DACBSP, ICSSD, CSCS
■撮影 協力:スポーツ医学&カイロプラクティック研究所

オンデマンドでのご購入はこちら

医療