山口光國の「肩関節障害に対する理学療法」

山口光國の「肩関節障害に対する理学療法」

☆ 肩の構造と傷害を理解する視点!
☆ 適切な評価と対応はこうして生まれる!

肩関節障害はスポーツの現場をはじめ身の回りで最も多く見られる障害の一つですが、その原因は単独であることは稀であり、様々な因子の複雑な係わり合いによって生じています。

そこでこのような障害に対する診方、アプローチの仕方について山口光國氏が豊富な臨床経験をもとに詳細に指導解説しています。

肩関節の構造と障害との関連、疼痛および可動域制限において、どのように評価していけば良いか、そしてどう対応するかについて紹介しています。

また、評価の方法を、若手の理学療法士の皆さんに行っていただき、チェックポイントやそのコツについて紹介していますので、非常に分かりやすく、実際の現場ですぐに応用可能な内容となっています。

■指導・解説:山口光國(理学療法士・健康心理学修士、日本肩関節学会会員、元横浜ベイスターズコンディショニングコーチ、群馬パース大学客員教授)

オンデマンドでのご購入はこちら

医療