下部体幹の評価と治療~腰部屈曲時に背側から下肢に症状が出現する患者の評価・治療の実際~

下部体幹の評価と治療~腰部屈曲時に背側から下肢に症状が出現する患者の評価・治療の実際~

実際の臨床現場では多種多様な問題に直面します。徒手療法は、正しい評価に基づき的確に実施しなければ有効に作用しません。そのため、単に手順を覚えるのではなく、評価の全体像を把握した上で、各手技・手順の意味を理解することが重要です。
ここでは、症状局在性テスト、機能テストといった「評価」に重点を置き、腰部を屈曲したときに背側から下肢に症状が出現するケースを想定して、評価から治療手技までの流れを実技で解説します。
■実技・解説:山内 正雄 PT.(済生会西条病院 リハビリテーション科 室長、公益社団法人 愛媛県理学療法士会 副会長・学術局長、世界徒手理学療法士連盟(IFOMPT) 日本代表)

オンデマンドでのご購入はこちら

医療