PNFの治療技術:臨床応用編2「肩関節へのアプローチ」

PNFの治療技術:臨床応用編2「肩関節へのアプローチ」

PNFとは、Proprioceptive Neuromuscular Facilitationの略で、日本語では固有受容性神経筋促通法と呼ばれています。主に固有感覚受容器を刺激し、神経や筋などの働きを高め、身体能力を高めるというものであり、運動療法の一つでもあります。

今回は、臨床応用編の第二弾として、「肩関節に対するアプローチ」について取り上げています。ここでは、体幹(特に胸椎)の可動性と安定性の獲得のためのアプローチから、肩甲骨の可動性と安定性獲得のための直接的アプローチや間接的アプローチといった治療の流れと、様々な症状に対する臨床的アプローチを詳しく紹介しております。

そしてPNFの治療哲学にもあります運動コントロールや運動学習の考え方を利用した治療の実際をご覧いただけます。

PNFの理論と基本的テクニックは、「PNFの治療技術:臨床応用編1」をご覧いただくとより理解が深まります。

■実技・解説
市川 繁之(国際PNF協会認定アドバンスインストラクター/理学療法士)
■協力
高井 豊(社会医療法人社団 森山医会)、野原 隆博(社会医療法人社団 森山医会)

オンデマンドでのご購入はこちら

医療