杉浦監督の「ディフェンス力を高めて強いチームを作る!」~ボールを中心に5人で守り、センタープレイヤーを活かして攻める!~

杉浦監督の「ディフェンス力を高めて強いチームを作る!」~ボールを中心に5人で守り、センタープレイヤーを活かして攻める!~

今回紹介するディフェンス練習において、杉浦監督は「マンツーマンディフェンス」と呼んでいますが、スイッチやカバーなどのゾーンディフェンスの要素も取り入れています。これは自分のマークマンを守るだけではなく“常に5人がボールを中心に守るポジショニング”という意識で「マンツーマンディフェンス」を行なっているからです。
ディフェンス練習では「守っても、攻められること」が大前提にあります。練習でボールが取れなかったり、シュートを打たれたとしても構いません。大切なのはそこまでのプロセスであって、攻められる中で学ぶことが重要になるからです。そしてチームとして良いディフェンスを繰り返し行なうことの積み重ねが、最終的に勝敗を左右するのです。
杉浦先生による実戦的チームづくりノウハウを是非ご覧ください。

オンデマンドでのご購入はこちら

バスケットボール